人気ブログランキング |
霧の中から
kirikara.exblog.jp
Top
美ヶ原でバスツアー
昨年2009年に「2009メートルの美ヶ原の牛伏山に登って牛のモニュメントの前で写真を撮って送ると美ヶ原の山小屋宿泊券が当たるかも」という松本市の企画がありました。そして去年のちょうど今頃、面白半分で応募したらなんと宿泊券、当たっってしまったのです!というわけで行ってきました山本小屋ふるさと館

このお宿は毎日社長のOさんが、夜と朝美ヶ原をバスで案内してくれます。
f0235376_16423435.jpg
pm8:30
まずは星空観察。100万円するという望遠鏡、高さの理由は内臓のモーターで自動で星を探せるそうですが、「最近手動であわせたほうが速いということに気がつきまして・・。」なんて冗談交じりに笑って話すOさんのお話は軽快でとても楽しいものでした。
f0235376_16433175.jpg

そしてバスに乗って月光下の美ヶ原牧場へ、この牧場は増えすぎたシカによって牛とシカが一緒に過ごすというなんとも奇想天外なことが起きている場所。山小屋の方も鹿見ツアーと称してその現状をお話されていました。
夜の冷たい空気に王ヶ頭の電波塔がよく際立ちます。牧草の上には何頭かのシカの群れがいました。
f0235376_16441527.jpg

朝のツアーはあいにくの霧と雨。雨が降ろうが槍が降ろうが、雷だろうがお客様をご案内するというOさん。
過去の雨のツアーで出会ったカモシカの話などで、天気が悪くてもわくわくと期待させてくれるのは今までの積み重ねがあってこそ。王ヶ鼻まで片道30分ほどのバスの中でも、そのお話はテンポよく尽きることがなく、本当に楽しいツアーです。帰りには美ヶ原における遭難の話や山小屋創建の歴史など美ヶ原の古きよき時代に思いをはせることが出来ました。

f0235376_16444156.jpg

こちらはふるさと館のお土産コーナーにいる熊の剥製。ただの剥製でなく以前の経営者であった方が撃ち取った自慢のクマだそうで、すこしくたびれていますが、バスツアーのときに聞いた、撃ち取った時のいきさつを踏まえてみると、山本小屋の歴史を感じさせる大変由緒あるクマなのでした。おなかに鉄砲の穴が二つ開いていました。
f0235376_16462464.jpg
帰り道のビーナスライン。
針葉樹の緑の林に落葉したダケカンバ、霧とあいまってきれいな景色を作り出していました。
このあたりの沢は落合渓谷という深い谷で散策コースもあるそうです。熊が怖いですが・・・。

そんなわけでお隣の美ヶ原を無料宿泊券では申し訳ないくらい楽しく満喫して帰ってきました。
ふるさと館の皆様の親切なおもてなしも本当にうれしく、ありがとうございました。
by yumitsui | 2010-10-29 16:47 | 日々の出来事