霧の中から
kirikara.exblog.jp
Top
カテゴリ:雑感( 10 )
60年前の秋
f0235376_2151466.jpg
先日のこと。
馴染みのお客さまが、「ヒュッテみさやまのイメージそのものの物語があるんです」と、
一冊の本を持参して下さいました。

「ひとりでやまへいったケン」というタイトルの絵本。
福音館書店のこどものともシリーズのひとつで
作者・画は山のパンセで有名な串田孫一さんです。

とある少年が一人で山小屋に篭る物語なのですが
登場する風景や動植物、山小屋のストーブの形など
ヒュッテの佇まいに重なるところが多々あってうれしくなりました。

またその中で過ごす時間の流れ方や心の動きなども、多くの人が感じる山時間そのものです。
串田孫一さんは霧ヶ峰をはじめ沢山の山々に深く親しんだ方ですから、
その山を味わう感性そのままに、自然体でこの絵本を書かれたのだと思います。

この本を持参して下さったお客様は、子供の時に読んでからずっとそのイメージが心に残っていて
ヒュッテのホームページを見た時に「イメージどおりの場所があった」と予約を入れてくださったそう。
とても素敵な絵本のご紹介とともに、そんな嬉しいお言葉をいただいて感無量でした。
本当にありがとうございます。

ところで、この話をきっかけに串田孫一さんの「山のパンセ」を再読していたら、
偶然霧ヶ峰でのこんなエピソードを見つけました。

1956年10月に霧ヶ峰を訪れた串田孫一さん。
新しく出来たコロボックルヒュッテの完成を祝い、霧と雨の夜をヒュッテで過ごした翌日のこと。
中々いい天気にはならず、雨の晴れ間から山の風景を眺めながら、こんな想いを綴っています。
「雨の多い秋なのだ。前日の登りのバスの中で偶然会った高橋達郎さんは、九月には晴れた日が四日しかなかったといっていたし、落葉松が金色に光る秋は、この高原にはなかった。勿論私にとっては雨の草原もそれなりに嬉しくはあったけれど、落葉松の林はじめじめとして、その色も腐って行くものの感じだった。」

この文章を見つけたとき、
あれー。今年の秋と一緒だ!
9月は本当に秋晴れという物をほとんど味わえなかったし、
おかげで10月も中旬まで紅葉はなかなか進みませんでした。

うーん。
奇しくも串田孫一さんが、雨の霧ヶ峰で一夜を過ごしてから今年はちょうど60年。
自然は時に似たような体験を人々に残しながら、春夏秋冬と季節が巡り、時が流れて行くのですね。
移りゆく人の世と、変わらない大自然の営み、そして今ここにある自分。
不思議なつながりに空想を働かせながら、なんだか感慨深い思いにかられました。

そんな秋も今年はもう終わり。
長い冬に備えて小屋じめの準備に忙しい、今日この頃です・・・。
[PR]
by yumitsui | 2016-10-22 22:00 | 雑感 | Comments(0)
9月23日  カエルどうし
f0235376_20371545.jpg
カエルどうし

今日は全く個人的な出来事で失礼します。
[PR]
by yumitsui | 2010-09-23 20:52 | 雑感 | Comments(2)
9月22日  冬支度
9月も終盤に入りそろそろ、暖をとる季節となりました。
ヒュッテみさやまの薪ストーブの薪も必要となります。

冬季営業をしないヒュッテみさやまでは大量に薪を買う必要もなく、現地調達をしています。
昨日は今年最初の薪集めへ…。これがまた、霧ヶ峰ならではの集め方。

f0235376_1131216.jpg霧ヶ峰の草原は、人が牛馬の資料確保のために草刈をすることでつくられてきた半自然草原です。諏訪の地元の人たちの生活文化に根付いた、里山的自然だったといえます。

それが人々の生活が変化した現代、全国の里山環境同じく霧ヶ峰の草原は大きく変化しています。草刈をしないことで草原が森になって行くのです。
写真:昭和20年代の草刈(霧ヶ峰自然保護センター所蔵)

続きを読む・・・
[PR]
by yumitsui | 2010-09-22 11:14 | 雑感 | Comments(0)
8月13日  流星群への旅
さて、昨日は仮眠を取った後、2時と3時に起きて流星を探したのですが、
ずーと薄いベールのかかったような雲が流れ、時折明るい星がまたたく程度。

それでも20分ほど外にいたら大きめの流れ星が一つ、
それで結構満足でした・・・

たとえ星がたくさん見れなくても
夜の自然に一人たたずむというのは、
どこか思索的でもあり冒険的でもあり

普段の生活から離れて、遠い場所に来たような
あるいは・・・遠い過去の自分に戻ったようで

そんな、心の旅の中で色々なことが整理されていく気がします。

大昔の人々が星空の中に数多くの物語を思い描いたのもまた納得。

星空撮影にはフィルムカメラがいいというのを聞いていたので、
試しにNikonのFMというカメラで撮影してみたのですが、
雲もあるなかで、おそらく失敗であると思われます。

今度は満天の星空で撮ってみます。
[PR]
by yumitsui | 2010-08-13 13:46 | 雑感 | Comments(2)
8月12日  今夜は夜空を  
昨日ビジターセンターに、高知から!知人が尋ねてきてくれました。

それも突然、連絡もなしに・・・
「ちょっと顔を見に来ただけ」と
10時間も車を運転してきた後のセリフとは思えませんが、
そんな気持ちが、本当にありがたいことです。

その方はsetsuさんといい、高知県でショップ咲丘という骨董・雑貨屋さんを営んでおります。
縁あって京都の花屋で一緒に過ごした2009年のお正月以来1年半ぶりの再開。

そのsetsuさんに「もっとブログは頻繁に更新しなさい」といわれ、今 書いています。

仕事の昼休みをかねて、少し一緒に湿原を歩き、
朝から霧が立ちこめ、時々明るい湿原が見えたり また隠れたりと、
とても美しい姿を見せてくれました。

京都にいた時、散々「霧ヶ峰というところは素晴らしいところなんです」と力説していたので、
ここで会え、またきれいな湿原を歩けたことが本当にうれしいです。

日が変わって今日は台風の影響で朝からしとしとと雨が降っております。
忙しさを忘れさせてくれる心地の良い日です。

そして今晩はペルセウス座流星群

台風一過で晴れるといいのですがはたして…。
[PR]
by yumitsui | 2010-08-12 22:00 | 雑感 | Comments(2)
8月6日  ひとりごと
8月6日 今日は65回目の原爆の日

核軍縮を多くの人が願う一方で、首相は核抑止力は必要という…

政治や世界情勢のことは不勉強で恥ずかしいのですが、
世界はいつも歪んでいるようにみえるし、不安はいつも消えません。

自分が自然や音楽に接し、その日その日に感謝したくても、
世界の裏側では自然も音楽も純粋に楽しむ余裕がないほど
厳しい現実に生きる人々がいることが悲しく、情けないです。

今はこれ以上ブログに書ける思慮も勇気もありませんが
今感じたことは、たとえ不完全でも表現するべきであって、
そしてまた、周囲の頼りになる人たちとも話し学びつつ、
平和を守り育てられる人間になりたい

今日はそんなことを感じる一日でした

追記
[PR]
by yumitsui | 2010-08-06 15:01 | 雑感 | Comments(0)
8月3日  ぐるぐる回る
先日、岡谷市にあるライブハウス、Five Penniesに、ピアノトリオ+ボーカルのライブを聴きに行きました。

スタンダードジャズを中心とした、聴き心地も緊張感もバンドの一体感もすばらしい演奏。
エイトバースといわれるトリオの皆さん。メンバーが皆8月生まれときいてな~るほど。
途中でバースデイケーキが出てきたりして、メンバーの皆さんの温かい人柄も伝わるいいライブでした。

自分も楽器を演奏しますが、いつも半端な練習と間に合わせの演奏で聴いてくださる方に失礼してばかり。
今は霧ヶ峰の仕事に専念して、音楽は少しお休みすべき時か…。
などと思いながら、大好きなグリーンドルフィンやミスティを聴いていたら不覚にも涙が出そうになりました。

たいした考え事じゃないのにね。
いい演奏をありがとうです。

f0235376_14572023.jpgf0235376_14572983.jpg
行き道と帰り道…

ビーナスラインの先には太陽が沈み、反対の方角から月が登りました。

いつも変わらずに、ぐるぐると回る大地…。
明日もどこかで誰かが音楽を奏でています。
[PR]
by yumitsui | 2010-08-03 07:32 | 雑感 | Comments(0)
7月8日  通勤の友
久々にいい天気です。

こんな日はビジターセンターへも、爽快に出勤したいもの。
そこでもってこいなのが、これ! 自転車です

ヒュッテの裏からビーナスラインへ、ペダルをこいでビジターセンターまで5分・・・。
f0235376_22551763.jpg
昨年の冬に縁あって京都で頂いた自転車です。乗ると世界が変わります。
なんというか。ほんと、心地いいのですね。ママチャリとは違いますね!

楽器やカメラもそうだけど、道具は自分をぐっと広げてくれる。

いいものです。

[PR]
by yumitsui | 2010-07-08 23:01 | 雑感 | Comments(3)
6月25日  サッカーと朝焼け
日本代表、決勝トーナメント進出ですね。
自分は寝不足になってまで応援するほどのサッカーファンではないけれど

たけさんと、静岡出身のまっくんが熱い応援をしている声で目が覚めました。
こうなると眠れない・・・

観戦の輪に加わりながら、昨日焼いたパウンドケーキをカットすることに。
f0235376_1330936.jpg
ほんのりいい焼け具合

前半戦が終わった頃、気がつくと窓の外はうっすらと赤く染まっていました。
朝焼け・・・。

後半戦までの間、三人で外に出て思い思いに写真撮影
f0235376_136930.jpg
贅沢な朝です

さて、5:00am 試合は無事勝利に終わり、ほっと一息。
タケさんの珈琲とパウンドの試食をしながら、頭はボーとしたままスローな朝を迎えました。

おかげさまで朝寝坊・・。

身体が熱くなるほどの熱心な応援ではなかったけれど、なんだかいいスタートとなりました。


[PR]
by yumitsui | 2010-06-25 09:03 | 雑感 | Comments(0)
6月19日  思い煩うことなかれ
今日ビジターセンターで霧ヶ峰インタープリターの研修がありました。

ガイドウォークのお客様とどのように時間を共有できたらいいか、霧ケ峰の歴史文化への関心など色々な意見を交換しながらの一時間。

その中でキジの親子について研修生のTさんからのお話が印象的でした。

「木道を親鳥が横切ったあと、幼鳥が一生懸命たどり着くまでの間親鳥はただじっと待っている。
人間だったら抱っこしてあげたり積極的に安全を確保するけれど自然はもっとなすがまま。
その中で彼らは本当にその場その場を懸命に生きていて、その姿にとても心を動かされるんです・・・。」

ちょうど昨日読んだ本に正宗白鳥という人が戦後まもなく書いた文章が載っていました。

「人間は明日の心配や周囲の人々との関係に日々奮闘し、また年をとると死後現世に何を残すべきかなどを考える。しかし、自分の飼っている山羊はただ毎日草を食むだけだ。本当に絶えず食っている。私が最も痛切に感じているのは、彼らが明日の食糧の欠乏を気遣っていない事である。私自身が、冬枯れの光景の出現するのを山羊のために悲しんでいるのに、彼ら自身はそういうことには無頓着で「明日のことを思い煩うことなかれ」という聖書の教訓を無意識に守っているのである。また同類の他の山羊と何の関わりもないのに私は心を惹かれている。孤独で生き孤独に楽しんでいるのである。冬になって草が減ってきても、自分が明日屠殺される運命にあるとしても、そんなことは夢にもないらしく、悠然として乏しい草を食ってその日を楽しんでいる。」

かなり端折ってますが・・・。  
正宗白鳥は決して自分を他人の傍観者として見るのではなく、一人間として季節に一喜一憂し、生に執着し、食べること、生きること、人付合いなどに右往左往する自己を冷静に捉えています。それを人間らしさとして自覚し、でも一方で心の煩いなど感じられない「山羊のような生き方」にどこか憧れを持ってこんな文章を書いたのでしょうか。

この文を読んだことと、今日Tさんがお話してくださったことからは、どこか共通した印象を受けました。

自然に触れるということは、我々が日々感じている心の雑念を小さきことと感じさせてくれる不思議な力があります。そして今を懸命に楽しく生きるエネルギーを与えてくれるように思います。
[PR]
by yumitsui | 2010-06-19 23:35 | 雑感 | Comments(0)