霧の中から
kirikara.exblog.jp
Top
カテゴリ:お客様( 4 )
若狭宣子さん 水彩画展
山の風景や植物の風景を水彩画で描く、若狭宣子さんの個展が諏訪市のセラ真澄で開催されています。

若狭さんは先月にふらっとヒュッテみさやまに立ち寄って下さったお客様。
沢渡ヒュッテジャヴェルで行われる「山の会」に絵を出展されていたということでいろいろとお話をしました。
霧ヶ峰は八ヶ岳などとともに大好きなフィールドということで、特に物見石あたりの草原や池のくるみの風景をよく描かれています。見憶えのある光景やおなじみの風景もたくさん見せてくれて、素敵でした。

若狭さんいわく、風景などをもっとよく見たいという想いから絵を描いているとのこと。
歩き続けるのではなく、気に入った場所に腰を降ろして、その風景に耳を澄ます感覚でしょうか。
自分は絵を描けないけれど、山で絵を描いているその時間がうらやましくなります。

f0235376_22425934.jpg
詳しくはこちら 蔵元ショップ セラ真澄
若狭宣子 水彩画展「澄 耳を澄ます」

19日(日曜日)まで。

ちなみに、今年の夏には、モンベル諏訪店にて
「八ヶ岳 霧ヶ峰 光と風のものがたり」と題して、出展されるそうです。
8月16日~31日まで

若狭宣子さんのホームページはこちら


[PR]
by yumitsui | 2011-06-17 10:12 | お客様 | Comments(0)
久々の八島湿原
先日諏訪へ行ったときの霧ヶ峰の様子。
もう2週間前ですが雪は少なめでした。
f0235376_16272490.jpg

朝ヒュッテの前に出ると不意に無音の世界に包まれます。
音がないというよりも、風がまったく止まってしまったような不思議な空気感。
あれ・・・? 世界が止まってる!? そんな感じで なんともすごい。
風の谷のナウシカでそんなシーンがありましたが、まさにあれを思い出します。
f0235376_1637815.jpg
ヒュッテそばより八島湿原
f0235376_16311579.jpg
木道は半分雪に埋もれて少し危ないです。
f0235376_16423050.jpg
ヤマナシじいさん

f0235376_1138740.jpg
今回一緒に霧ヶ峰まで来てくれたアルバイト仲間の友達と湿原を少し散策。
二眼レフカメラを持ち歩くKさんと海女さんで旅人?のhikkaさんです。

霧ヶ峰は初めてきたのに、なんか懐かしくて落ち着くな~といってくれました。
人が深く関わってきた自然だけに、そうした温かみが大きいのかね、などと話しつつ・・・
岩原で思いがけず楽しい仲間に出会えたことに感謝・・・。

今回は、穏やかな一日
次回は冬の厳しい大自然としての側面を見てみたくて
ブリザードの霧ヶ峰を体験してみたいところです。
[PR]
by yumitsui | 2011-01-13 11:48 | お客様 | Comments(0)
8月30日  ある日のヒュッテみさやま
夕ぐれが深まり
霧に包まれる湿原にポッと現れる明かり・・・
f0235376_1326594.jpg
それが、ヒュッテみさやまです!
さてさて、どんな人たちが集っていることか。

ある日のヒュッテみさやまでは
スタッフの弟さんがジャグリングのすご技を披露してくれました。
f0235376_13193340.jpg
たまたま泊まりに来ていた、
小屋番さんの知人のお子さんたちは大はしゃぎ、大よろびです。
f0235376_1384187.jpg
わくわくが止まりません!!

またある日は
闇鍋ならぬ、
闇バーベキュー!
f0235376_1344463.jpg
こだわりのジンギスカン
この日は特別
スタッフと一緒においしくいただきました。

夏の間には知人を含めて、いろいろなお客様が来てくれました。
学生がきたり、ご家族が来たり、蕎麦屋さんが来たり、ベース弾きが来たり・・・

どんなお客様が来ているか、その日その日でヒュッテの空気は少しずつ変わります。
ちょっと本来の意味とは違いますが、「明日は明日の風が吹く」なのです。

8月ももう終わりますね。
夏の間にお会いすることのできた皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
by yumitsui | 2010-08-30 13:31 | お客様 | Comments(2)
7月29日  うれしい再会
f0235376_2125096.jpg今日ははるばる安曇野から、シャロムヒュッテのサニーさんが遊びに来てくれました。

シャロムヒュッテは持続可能な農的暮らし(など)をテーマに、もう30年も続く個性豊かな宿です。オーナーの臼井さんのもと、畑やペンション、キッチン、カフェ、野外保育などにたくさんのスタッフさんが活躍されていて、色々なワークショップやイベント、音楽会なども開かれています。

サニーさんは、石窯でパンとピザを焼くスタッフさん。ムビラといわれるアフリカ民族楽器を奏でたりもする素敵なお方です。

シャロムでは、正規のスタッフではないけれど仕事を手伝いながら寝泊りをさせてくれる「体験スタッフ」なるものを受け入れていて、自分もこの春、1ヶ月だけお世話になったのでした。
大量消費社会の中にある自分の暮らしや食・環境・人間・繋がりなどのあり方を改めて考える良い機会でした。


さて、今日の天気は久々の雨模様。
霧の中、浮かび上がるように鮮やかな緑とヤナギランなどのお花を見ながら御射山まで歩きました。


こうして、少しずつ友人知人が尋ねてきてくれて、人と人の輪が繋がっていくことを願っています。

f0235376_20551057.jpg
サニーさん、雨の中来てくれてありがとうございました。


○シャロムヒュッテ   ホームページ
○サニーさんブログ サンシャインファームの風
 

[PR]
by yumitsui | 2010-07-29 22:52 | お客様 | Comments(6)